Tesage

TATE / 茜 + コチニール

草木染めのロウ引きコットンとフィンランドバーチを組み合わせ、暮らしの中のアートピースをめざしたTesageシリーズ。ロウを引くことで、撥水性と耐久性も加わり、初めは紙のような硬さのある手触りですが、使い込んでいく内に表情を変え柔らかくなじんできます。荷物を入れても型くずれしないよう、取り外し可能な底板付き。

dyeing:
-西洋茜-
山野に自生するアカネ科のつる性の多年草。夏から秋にかけて淡い黄緑色の小さな花を咲かせます。茜の根は乾燥すると赤く変化するため、「赤根」から「あかね」に転化したそうです。太いひげ状の根を煮出し、古くから染料や薬として用いられてきました。持ち手の裏にはコチニール染を使用。

 

-コチニール-
サボテンに生息するエンジムシが作り出す赤い色素のこと。ペルー南米が主要産地です。紀元前からある動物染料で、日本には明治以降から染められてきました。ムシと聞くと驚きますが、とても綺麗な赤い染料です。媒染剤によって全く異なる色に変化します。今回は鉄媒染で淡いグレーに染め上げました。

 

material:
コットン100%/ロウ引き
国産蜜蝋
フィンランドバーチ(自然塗料使用)
金具

 

size: TATE
本体  h30cm x w22.5cm
重さ  324g
取手  56.5cm
マチ  14cm

¥26,400(税込)

西洋茜

コチニール