Reji

eco bag

 

dyeing:
柘榴
平安時代に日本に入ったといわれている柘榴は、初夏にかけて鮮やかな朱赤色の花をつけ、後に果実へと成長していきます。乾燥させた柘榴の果皮(石榴果皮セキリュウカヒ)から染料をとりだし、ミョウバンと鉄媒染をし、カーキ色に染め上げました。クエン酸が多く含まれ腐りにくいため、砂漠横断キャラバンの時に携帯される事もあるそうです。

 

material:
オーガニックコットン100%/ロウ引き
国産蜜蝋
持ち手のみ裏地あり

 

size:
h33cm w29cm d13cm

¥ 11,000(税込)

ウコン

柘榴果皮